私がスペイン巡礼を知ったきっかけの話。

みなさんはどんな経緯でスペイン巡礼を知ったのでしょうか?

私の周りに知ってる人が全くいないので、少し興味深いです。

 

私は映画を観てスペイン巡礼を知りました。

忘れもしない2015年2月。

当時なぜか映画を観ることにハマっていて、メジャーな映画よりも聞いたことのないタイトルをわざとランダムに選んで観ていました。

その中の一つがこれ。


映画『星の旅人たち』予告編

「星の旅人たち」です。

カリフォルニアの眼科医トム・エイヴリーは、ある日、自分探しの放浪の旅に出たまま疎遠になっていた1人息子ダニエルが、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の初日にピレネー山脈で嵐に巻き込まれて亡くなったと知らされる。息子の遺体を引き取りに、スペインとの国境近くのフランスの町サン=ジャンにやって来たトムは、ダニエルの遺品のバックパックを背負い、ダニエルが辿るはずだった巡礼の旅に出ることにする。行く先々でダニエルの遺灰を撒く中で、トムはダニエルの存在を強く感じる。

そんなトムは、偶然出会ったオランダ人のヨスト、カナダ人のサラ、アイルランド人の作家ジャックと共に旅をすることになる。はじめのうちは彼らに頑なに心を開こうとしなかったトムも、様々な出会いと経験を通じて徐々に打ち解けて行く。

目的の聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラに辿り着いた4人は、そこで別れるつもりだったが、トムのムシーアへの旅に他の3人も付き合うことにする。それは旅の途中で出会ったジプシーの男イズマエルがトムに告げた「息子の遺灰をムシーアの海に撒け」との言葉に従う旅であった。

ムシーアの海を前にした4人。トムを残して3人がその場を去ると、トムはダニエルの存在を強く感じながら、ダニエルの遺灰を海に撒く。そしてトムはかつてのダニエルのように旅に出る。

 

観た時の感想としては「なんか楽しそうだなー。でも時間ないし、歩くとしたら定年後かなー」なんて思っていました。

 

そんな私は当時婚約中。

勤めていた会社を8月いっぱいで退社し、彼のいる東京に引っ越すことになっていました。

しかし、5月にまさかの婚約破棄。

辞める事をすでに会社には伝えていたので、9月からただの無職になることが決定しました。

母には会社に訳を説明して戻ったら?と言われ、そうしようかと思っていたのですが、ふと2月に観たあの映画の事が頭をよぎりました。

 

今だ…!

 

当時、26歳。親からの結婚のプレッシャーに負け、無理やりこぎつけた結婚を破棄され、絶望の真っ只中にいた私は、旅に出ることに決めました。

ATM事件!巡礼中のお金の話。

巡礼中、お金をどうするか、迷われる方多いと思います。

現地で引き出すか、現金で持ち歩くか。

私も最後まで悩みました。

 

初めての一人海外。

10日以上の日本以外の滞在は産まれて初めてでした。

しかもスペイン巡礼ということで、ホテルを予約しているわけでもなく、かかるお金も想像がつきません。

結局、ホステル内での盗難も珍しくないという情報を目にしたので、200ユーロだけを現金で持っていき、残りはATMで引き出すことに決めました。

過去に海外でお金を引き出したことがなかったのですが、インターネットの情報によると、VISAカードに"Plus"の文字がついていれば海外のATMで引き出しが可能とのこと。

f:id:the-devil-wears-prada-ayaka:20170719081421j:plain

私の持っていたVISAカードにはこのマークが付いていました。

 ということで200ユーロを手に旅をスタート。

残りが100ユーロをきってきたころに大きな都市、パンプローナに到着しました。

先を急ぎたがるブラジル人ファミリーに少し待ってもらい、ATMでお金を引き出すことに。

しかし何度やってもエラーではじかれます。

ATMを変えても、銀行を変えてもエラー。

 銀行内に英語が喋れる方が見えたので事情を説明し、調べてもらった結果「これはATMじゃなくて、カードの問題。カード会社に問い合わせて」とのこと。 

 

そんなわけない!スペイン人適当すぎ!!と思いましたが、お金がなくては困るので国際電話でカード会社に電話。

調べてもらった結果、どうやら私はカード契約時にキャッシングを無効にしていたことが判明…!!!!

キャッシングを有効にするには書類を申請して、本人が署名捺印し提出する必要があるとの説明をうけました。

 

ブラジル人ファミリーに半泣きで事情を説明。

しばらくはお金を貸してあげるから、その間に解決方法を考えな、と言ってもらえました。

(ほんとにこのファミリーにはたくさん迷惑をかけました…)

 

その夜、バルの店員さんに「カードをきって、その分を現金でもらえないか」と聞いてみたりしましたがもちろんNG。

「帰国するか、日本大使館に行ってみたら?」

と言われ、涙が止まらなくなり夜な夜な逃走。

ブラジル人ファミリーのお兄ちゃん、ラファエルに見つかり引き戻されこっぴどく怒られました。

しばらくはカードが使えるところでは私が食事代を全額支払い、みんなが自分の食べた分を現金で私に払うという方法でキャッシュを集めました。(でもみんな優しいから多めにくれるんです…涙)

 

結局日本にいる母に相談し、母の友人(パッカパッカー)に聞いてもらったところ、ウエスタンユニオンで送金する方法が一番いい、という情報をゲット。

www.westernunion.com

 

エスタンユニオンのマークがついている所ならどこでも受け取れます。

ということで5万円母に送金してもらい、大都市レオンで受け取ることにしました。

 

f:id:the-devil-wears-prada-ayaka:20170719085051p:plain

 

担当してくれたおじさまは英語は話せなかったけれど、とても感じがよく、ジェスチャーを交えながら終始笑顔で対応してくれました。

こうして無事現金を受け取り、残りの旅を終えることができましたとさ。

 

これから巡礼をする方、ご自身のカードでキャッシングが可能かどうか、事前にお調べすることをオススメします…(こんな凡ミスするの私くらいでしょうけど´д` ;)

 

PS ただ、お金は全て現金で持って行ってもしっかり管理ができれば問題はないのかも、と思いました。

 

スペイン巡礼に持っていって良かったもの・いらなかったもの。持ち物の話。

夏ですね。巡礼の季節ですね。(?)

毎年7月8月はバケーション期間を利用した巡礼者が多いそうで。

スペイン留学まで書くネタがないので、しばらく巡礼ネタでも書いてみようかと思います。

 

さて、今日は『巡礼に持っていってよかったもの、いらなかったもの』についてです。

持ち物については、”スペイン巡礼・ブログ・持ち物”と検索をかければたくさんでてきます。

私もいくつかの日本人の方のブログとyoutubeで海外の方のアドバイスを参考にリストを起し準備をしました。


CAMINO DE SANTIAGO - Jakobsweg - Packing list for light travellers

巡礼で大切なのはいかに荷物を少なく軽くするか。

「一応持って行こう」なんてもってのほかです。

私が持って行った荷物はトータル9kg。

なかなかコンパクトに抑えたかなと思いますが、いらなくて現地で捨てたもの、思い返せばいらなかったものがいくつかあるのでこれから巡礼に行く方の参考になればと思います。

いらなかったもの

・洗濯ロープ

これ本当いらなかった。。。結構かさばるんですよ。重いし。

なぜあんなにもたくさんの方があってよかったと書いているのか、本当にわからない。。

洗濯ロープのステマですかね・・?笑

干すところなんていくらでもあります。

『洗濯物を干す為の場所』でなければ干してはいけない理由なんてひとつもないんです。

2段ベッドにひっかける、階段にひっかける、場所なんていくらでもあります。

リストにいれている方、今すぐ外してください。後悔します。

 

・日本のガイドブック

 

聖地サンティアゴ巡礼 増補改訂版

聖地サンティアゴ巡礼 増補改訂版

 

 日本の巡礼ガイドブックといえばこれじゃないでしょうか。

私も買って持って行きました。

が、一度も読みませんでした。

必要な情報が少ないんです。

内容としては観光ガイドのような感じ。

しっかりした地図や山の高低差が全くわからないのです!

荷物を軽くしたいのならいらない!

Camino Guides De Santiago Maps 2017: St. Jean Pied De Port--Santiago De Compostela

Camino Guides De Santiago Maps 2017: St. Jean Pied De Port--Santiago De Compostela

 

 みなさんこちらのマップを持ち歩いていました。

薄い!軽い!

高低差もわかりやすく書かれているので

「明日はここで泊まって、朝からこの山に挑もう♪」

といったような予定が立てやすくなります。

 

・日記帳

 毎日日記をつける方もいらっしゃったので、私も書こう!と思って持って行きました。

が、結局一度も書きませんでした・・・笑

誰かと一緒にいることがほとんどだったので書く時間はないですし、

書くんだったら携帯で十分でしたね。いりませんでした。

 

・トイレットペーパー

紙が無いこともあるからあったほうがいい!と。海外の方の意見だったと思います。

結局紙がないことは一度もなかったですし、最終的には雨で濡れて溶けはじめて

バックパックがぐちゃぐちゃになりました笑

ハイシーズンの真夏は巡礼者の数が多い分、ペーパーがたりなくなることもあるのかもしれませんが、私が歩いた9月はその心配はなさそうでした。

ポケットティッシュ1、2個で十分では?

 

・サブのかばん

アルベルゲについたら街をみて歩くこともあると思います。

その際にサブバッグがあるといいよとの情報を目にして、持って行きました。

 

[マンハッタンポーテージ] Manhattan Portage 公式 Casual Messenger MP1605JR BLK (Black)
 

 ただただ邪魔でした。捨てました。(元彼とお揃いで買ったものなので未練はなく逆にすっきりしました笑)

ランニング用のウエストポーチに貴重品をいれていたのでバッグなんて必要ありません。置いていきましょ。

 

持っていって良かったもの

・小さい物干しハンガー

 

 靴下や下着を干すのに便利。

干すスペースもコンパクトに収まるので他の巡礼者の為にも良いかと思います。

カナダ人のおばちゃんにも「んまぁ!いいアイディアねぇ!」と言われました。

 

・洗濯バサミ

あるんですよ、アルベルゲにも洗濯バサミは。

でもね、挟む力弱すぎなんです!!

日本の洗濯バサミ素晴らしい。。。

場所もとらないので5,6個は持っていきましょう。

 

・安全ピン

スペインの日差しはとても強いです。

2,3時間で洗濯物はカラカラに乾きます。

でも雨の日だったり(巡礼中2日だけ雨降りました)、到着が遅くなり日がでている間に洗濯が出来なかった時などは、次の日の朝までに乾いていなかったりします。

そんなときに安全ピン。バックパックに洗濯物を固定して歩いていれば、すぐに乾きます。

 

・5本指ソックス

巡礼中は靴下2枚履きがおすすめ。

5本指ソックスは指と指の間の靴擦れを防ぎます。

これのお陰で私は一度も靴擦れトラブルにあいませんでした。

 

・スパイベルト 

貴重品はここ。

カード、携帯、パスポートはジップロックにいれてここに収納してました。

お金もすぐ取り出せるので便利です。

体にフィットするので寝るときは体に巻きつけたままショートパンツの下になるようにして寝ていました。 

巡礼後の観光中も大活躍。盗難の被害には無縁でした。

 

 

思いつくだけでは以上です。

また思いついたら都度更新していきます。

 

あー書いてたら巡礼したくなってきた・・!

歩いている最中に出会った方の中にも初めてでない方が本当に多かったです。

巡礼初日、巡礼事務所があくのを待っている間に話をした女性は巡礼4回目でした。

「みんなね、なんだかんだ戻ってくるのよ。ディスティニーなのよ。あなたもまた戻って来るわよ。」と。

おっしゃるとおり。すぐ戻りますね^^

 

 

祝ブログ開設&私について

はじめまして。

はじめてブログというものをはじめて見ました。

2018年1月頃にスペイン・バルセロナに語学留学をします。

スペインのこと、スペイン留学の準備のことを中心に

もろもろ綴っていこうと思います。

よろしくおねがいします。

 

Sobre mi.....

味噌カツ手羽先の街で生まれ育ちました。

1988年産まれのもうすぐ29歳です。

短期大学を卒業後、製造業、美容業界と職を転々とし、転職期間中に独りで行ったスペインに恋に落ちました。

お金ためて絶対戻ってくると決意し、今はいつでも辞めれる様(?)

派遣社員として働きながら資金集めとスペイン語の勉強をしております。

そろそろ資金もたまってきたので、次回の更新時に退職の意思を伝える予定です!(ドキドキ)

マメな性格ではないので続けることができるか不安ですが、のんびり続けられたらと思います。