なぜスペインなのか、の話。

スペインに留学すると周囲に話すと、みんな決まって「なんでスペインなのー?」と

聞いてきます。

なぜスペインなのか。

私の場合、直感というか、一目惚れのような感じでした。

気がつけばスペインのことばかり考えている。

スペインのことを考えると胸がキュンとする。

そんな感じです。恋です。

 

スペインに初めて行くまでは、アメリカ大好き人間でした。

毎年年末は家族とアメリカに旅行に行くのが定番でしたし、アメリカに住むのが夢でした。

しかし一度スペインの地を踏んだ瞬間、ころっと寝返ってしまったんですよね。

もうスペイン以外考えられないというか。

 

スペイン巡礼のスタートはフランスでした。

駅員さんも、巡礼路にあるバルの店員さんも「ボンジュール」と挨拶してきます。

それが歩いているうちにいつの間にか国境を越えスペインに。

「オラ!」と挨拶された瞬間、バチッと何かを感じたんです。

嘘みたいですけど、本当の話。

あ、私ここに帰ってくる。と自然に思いました。

あれからもうすぐ2年が経ちますが、今もスペインに対する想いは変わらないどころか増すばかりです。