女ひとりのスペイン巡礼は危ないのか?の話。

私がひとりで巡礼をすると伝えると周りの反応は「え?ひとりで大丈夫?」「ヨーロッパとか危なくない?」というようなものがばかりでした。

実際どうなの?ってところの話をします。

 

結論を言うと、気をつけてさえいえば大丈夫です。

たまに行方不明になったり、事件に巻き込まれるようなこともあるようですが、それは巡礼に限ったことではないですよね。

 女性ひとりで歩く場合の注意点を何点かあげておきます。

ハイシーズンに歩く

5月から11月は巡礼者が多い季節です。

巡礼者が多いということは巡礼路に誰かしら一緒にいるわけですから、事件に巻き込まれる確率も低くなるかと思います。

寒さが厳しい時期に歩くと急な天候の変化などから危険な状態に見舞われることも考えられます。そんな時に周りに助けを求める人が誰もいないのは危ないですよね。

7月8月はバケーション中で巡礼者がごった返しますので、個人的には5.6.9.10月あたりがオススメです。

(私が歩いたのは9月〜10月です。気候もちょうど良かったです。朝はめちゃくちゃ寒かったですけど。)

 

ひとりで夜遊びしない

私はアルベルゲについたら基本的に引きこもっていましたが、アルベルゲの外に出てはしご酒!っていうもの旅の醍醐味ではないでしょうか。

ただ人の少ない路地などはやはり危険です。

私もたまに外出しましたが、その際は必ず誰かと一緒に比較的人通りの多い所で楽しむようにしました。

アルベルゲは10時くらいが門限なので、時間に余裕をもって帰ってくるようにしましょう

貴重品は常に身につける

アルベルゲ内でも盗難は起きる可能性はあります。

寝ている時、シャワーの時も貴重品は肌身離さず身につけること。

荷物を置いてふらっとどっかに出かけないようにすること。

日本にいる時の感覚でいたら危険だと思います。

 

思いつく限りではこの程度ですかね。

家族もだいぶ心配したようですが、危険なめに合わずに無事に帰ってこられたのは常に以上のことを気を付けていたからかと思います。

一回現地の露出狂に遭遇しましたけどね。笑

日本では露出狂にも痴漢にも会ったことがなかったので、それはそれで面白い体験でした。笑

露出狂さんは危害は加えてきませんから。笑

 

ひとり巡礼は気を付けてさえいれば素晴らしいものです。

たくさんの出会いがありますし、人生について立ち止まって考える時間もあります。

ひとりが心配で巡礼に躊躇している方がいたら、ぜひ勇気を出して欲しい時と思います(´ー`)

ひとりカミーノ、人生が変わりますよ(´ー`)

f:id:the-devil-wears-prada-ayaka:20170731133129j:plain