低容量ピルを辞めた話。

先月から4年間服用していた低用量ピルを辞めました。

体感としてはいろいろと個人差はありますが、私なりに感じたことを書いていきたいと思います。

服用のきっかけ

そもそもの理由はPMS月経前症候群)対策です。

生理前1週間あたりから始まる体の不調。

私の場合メンタルにかなり影響をきたしていました。

何もかもが悲しい。

文章を読んでいて読めない漢字がひとつでもあると、なんで自分はこんなに馬鹿なんだろうと悲しくなって泣いていました。

被害妄想もひどくなり、些細なことが気に触るので過去に恋人と別れた時期は全て生理前だったりします。

インターネットで調べるとピルを服用することでそれらの症状が抑えることができる、とあったので思い切って婦人科を受診しました。

 

PMS月経前症候群)への効果

全然症状がなくなった!とまではいきませんが、思い返せば服用している間は服用前のような急激な気分の落ち込みやイライラはありませんでした。

多少ピリピリしたこともありますが、大抵何事もなかったかのように生理を迎えていましたね。効いてたのかな。

 

なぜ辞めることにしたのか

低用量ピルはある日突然合わなくなったりします。

先生曰く、強いストレスを感じたりすると急に合わなくなってくることもある、と言っていました。

私は一番初めにファボワール(第三世代)を服用していましたが、頭痛や吐き気が強く出るようになったので、その後ラベルフィーユ(第二世代)に変えました。

その後ラベルフィーユも合わなくなったのでオーソ(第一世代)に変更。

オーソとは相性が良く、2年半くらいオーソを服用していましたが、2ヶ月くらい前から気分の落ち込みが激しくでるようになりました。

不正出血もするようになり、最後の1シートを飲んだ時は妊娠初期のような症状がずっと続いていて辛かったです。

またピルの種類を変えることも考えましたが、ピルは1シート3500円ほど。

積み重なれば結構な出費になるし、飲まなくても大丈夫なら飲まなくてもいいのかも、と思い一旦服用を中止することにしました。

 

ピルを服用してよかったこと(個人の感想です)

PMSが軽くなった

気分のイライラや暴食、生理痛がなくなりました。

 

妊娠したかも…がない

ピルを飲んでいなかった頃そろそろなのに全く生理がくる気配がない時、生理がくるまでの期間ものすごく不安でした。

ピルを正しく服用していれば妊娠の心配がないのでそういったストレスを感じることがありません。

ちょっとしたこと?に聞こえますが、個人的にこの安心感がむちゃくちゃデカかったです。

 

日数が短い

ピルの種類によりますが、通常一週間続く生理がたった2日で終わります。

めちゃくちゃ楽です。

ちなみに量も少ないです。4日目くらいの量がたった2日続くだけ。

夜用のナプキンは必要なかったです笑

 

ピルを服用してよくなかったこと

お金がかかる

1シート3500円。1年で42000円です。

結構痛い出費です。

まぁその分楽なので、どっちをとるかですけどね。

 

毎日服用するのが面倒くさい

決まった時間に飲まなきゃいけないと言われていますが、基本前後9時間はズレがあってもオッケーです。

とは言っても結構手間。慣れれば習慣になりますけどね。

逆に飲むのが当たり前になってくると、飲んだことすら記憶に残らず「あれ?昨日飲んだっけ?!」と出先で焦ることもありますが。(大抵ちゃんと飲んでます)

 

買いに行くのが面倒くさい

一度処方してもらうと、その病院に毎回買いに行くことになります。

病院を変えようとするとまた検査しなくてはいけませんし、紹介状を書いてもらうのもお金がかかります。

私は家からも職場からも少し距離があるところではじめに処方してもらったので買いに行くのが毎回大変でした。(1年分まとめ買いとかはできません。せいぜい4ヶ月程度)

 

服用を辞めてみて

4年も排卵を止めていたわけなので、大丈夫かなという不安はありましたけどちゃんときました。量も服用前と同じくらいです。

イライラはありませんでしたが、生理がくる2日前くらいから「お腹いっぱいなのに何か食べたい」という感覚がありました。

あーこれこれといった感じでした笑

あと生理2日目は生理痛もありました。もともとそんなひどくはないですが重だるい生理痛。服用中はこんなことなかったのでちょっとしんどいです。

 

今後について

しばらくこのまま様子をみて、服用時の方が楽だと感じるようだったらまた再開しようと思っています。

やはり人工的なものなので、ピルをあまりよく思わない方もいますが(母も反対派です)個人的にはおすすめです。

また何か気づいたことがあれば書き足していきます。